夫の浮気は許す?許さない?サレ妻がラクになるためにすべきこと

夫の浮気は許す

あなたは、夫の浮気を許せますか?

新婚のうちなら許さない!と考えるかもしれませんが、ある程度連れ添い、子どももいる立場な許すことになるでしょうか?

しかし、どの立場でも本心では許さないと思っているはずです。
夫が浮気をした場合、サレ妻の心が少しでもラクになる方法とは?

浮気をしている。間違いないと確信したら

まずは浮気をしているかどうか、出来る範囲で確認します。
単なる勘違いの場合もあるので、要注意です。

まずは冷静になる

夫の浮気が確認できたら、怒りたいのを我慢してまずは冷静になりましょう。

辛いことですが、単なる肉体的な浮気なのか、精神的なものも含む不倫なのか、客観的にその浮気の大きさを知る必要があります。
プロと肉体関係を持った場合は歯を食いしばって許すこともできるかもしれません。

ですが恋愛関係のある不倫をしている場合は、許せない場合も多いでしょう。

証拠を集める

許す・許さないどちらの場合も、のちのち気持ちが変わることもありえるので、証拠は押さえておきましょう。

スマホなどの証拠はもちろん、夫の予定が怪しかった日のスケジュールメモでもよいです。またクレジットカードの明細もきちんと把握しておきましょう。
いざという時に切り札があると思えるのは心強いです。

夫に浮気をされて心が落ち込んでいる時は

浮気をされると、夫のすべてが信頼できなくなります。
また浮気は自分のせいだと自身を責めることも。
自分の心が波たち、不安定な時はどうすればよいのでしょうか?

本音を隠さずハッキリと言う

黙って我慢をしているだけでは、夫は気づかず、妻ばかりがストレスで参ってしまいます。

言い逃れが出来ない証拠を掴んだら、「浮気してるの知ってるよ」とこちらが気付いていると言ってやりましょう。
そこで夫が改めればまだ見込みはありますが、開き治るようでは、今後の対策を考えなくてはいけません。

上手くいけば話し合いができ、お互いが理解できるかもしれません。

自分にお金をかける

夫が浮気をしているなら、多かれ少なかれ夫のためだけにお金が動いているはずです。

たかがお金されどお金。
妻も自分のためにお金を使ってしまいましょう。

いつもは我慢していた買い物や、映画、エステや美容家電など、自分のためにお金を使うのです。
そんな気分になれないと思うかもしれませんが、こんな時こそむしろお金を使いに外出すべきです!

自分を見つめ直す機会にもなり、よい気分転換になります。

いざという時の人生設計を具体的に考える

夫の浮気がどうしても許せないのなら、離婚ということもあります。

その場合、あなたの経済力はどのくらいですか?

また、子どもがいる場合、夫がいなくても育てていけるのか考えます。
経済的不安で離婚は考えられないから、夫の浮気は許せないけど許すしかないという考え方はつらいだけです。

離婚した場合を考え、生活していくにはいくら必要か、どんな支援があるのかなどを明確にすることで漠然とした不安は消え、やるべきことが見えてきます。
浮気を許さないなら、別居や離婚をすることを想定しておけば、余裕をもった気持ちでその後の展開に臨めます。

経済力を手にいれる

もし、専業主婦ならパートに出る、パートをしているならフルタイムになるなど、家庭に置いていた重点を仕事にも振り、経済力をつけます。

経済力がつくと、自分に自信が持てるようになり、精神的な自立が生まれ、気持ちに余裕が生まれます。
また、新しい出会いや外に出ることで外見が磨かれ、夫の浮気を思いつめることも少なくなり気分もラクになります。

夫の浮気は、夫への依存度が高いほどつらくなります。
「夫はしょせん他人」と思えるくらいになれれば、余裕が生まれラクになるでしょう。

気持ちが辛すぎるなら、カウンセリングを。

本音をぶちまけたり、気分転換をしたりは厳しいという場合、一人で我慢はせず心理カウンセラーに相談しましょう。

欧米では、悩みごとがあるとカウンセラーに相談するのはごく当たり前のことです。
浮気の相談は、家族や友人にしにくいという人も多いでしょう。
そんな時は軽い気持ちで、心理カウンセラーを予約しましょう。

話をしてみてラクになればそれでいいですし、合わなければ他のカウンセラーに変えればよいだけのことです。
自分一人で悩んでいては、いつまでも堂々巡りをするだけです。

こういう時は、プロを頼ってみるのも新たな発見がありますよ。

浮気を許さない・許すどちらの場合もしてはいけないこと

自分の気持ちにウソをつく

許さないと思っているのに、夫の浮気を許す寛大な妻を演じ、自身の気持ちに蓋をしてはいけません。

夫には許したフリをしてもいいですが、自分が本当に許せていないのなら、自分の気持ちを誤魔化してはいけません。
後々、精神的に追い詰められ、一層苦しむことになります。

いつまでもネチネチいう

ネチネチ言いたくなる気持ちもわかりますが、今後も夫婦でいるのなら、しつこくするのはご法度です。
夫婦関係をよくするためには、お口チャックです。
ただし、また夫に怪しい動きがあれば、ガツンといってやりましょう。

まとめ

夫が浮気をしたら妻が

夫が浮気をしたら、妻がすべてを飲み込む必要はありません。

ですが、冷静な行動をするほうが後々自身のためになるでしょう。
「隣の芝生は青くみえる」ものですが、いろいろな夫婦がいます。

理想的なカップルに見えても実はそうでなかったり、ケンカばかりしているように見えても本当は信頼しあっていたり。
夫に浮気をされたなら、自分はどうしたいのかを考え、自分の決めた未来にむけて進んでいけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました